膝の痛み


膝が痛いと言って来院される方の症状で一番多いのは
座っていて立つとき痛い、階段の上り下り、特に下りるとき痛いというものです
これは多くの場合、膝の軟骨に負担がかかった状態です。
俗に軟骨がすり減った などといいます。
ひどいときは膝全体がぶっくりとふくれることがあります。
俗に水がたまった などといいます。

これにはすごく軽い段階から 完全に軟骨がなくなって骨まで変形した状態まで程度がさまざまです
水がたまってパンパンな状態だからといって必ずしも末期的とはいえません
病期を知るにはレントゲンが必要です。
軽い段階であれば 筋肉を鍛える運動や 症状を和らげるような治療で大丈夫です。
ある程度進行した状態でなかなか痛みが取れない場合は関節を被っている袋のなかにヒアルロン酸という薬を注射したりすることもできます。